コーヒーのアメリカンとは?ブレンドコーヒーとの違いは?

コーヒーと言えば、
苦みや酸味のハーモニー
香ばしい香りが楽しめる飲み物ですけど、

あなたは、どんなコーヒーが好みですか?

スポンサーリンク



 
私は・・・

昔は、少し濃い目で苦みのあるコーヒーが
好きだったんですよ。

でも最近は、あまり苦みの強くないもの
いいかなぁ~

 
好みって、変わりますよね(;´∀`)

 
苦みの強くない、薄めのコーヒーと言えば
アメリカンコーヒーが思い浮かびます。

喫茶店では、よくメニューにありますよね!

 
で、このコーヒー、薄めに入れただけかな!と思って
どれぐらいの豆とお湯の量
入れたらいいんだろうと、調べてみると・・・

ただ薄めなだけじゃなかったんです Σ(゚Д゚)

 
なので、今回はアメリカンってどんなコーヒーなのか
調査結果を発表したいと思います(*´∀`*)

きっとあなたも、おいしいアメリカンが
飲みたくなりますよ^^

 

アメリカンコーヒーとは?

実は、アメリカンって、
アメリカにはないんですって!

 
じゃあ、どうして・・・?
いろいろ疑問がわいてきますよね~

1つずつ解決していきましょう。

 
まずは・・・

 アメリカンって、どんなコーヒーのこと?

 アメリカンコーヒーとは、浅煎りの豆で入れたコーヒーのこと。

浅煎りのため、

  • 色が薄い
  • 苦味は弱い
  • 酸味は強い

でも、苦味が弱いため飲みやすいんです。

 
お店によっては、普通のコーヒーを薄めて
アメリカンとして出すところもありますけどね~Σ(゚Д゚)//

 
 なぜ、アメリカンって言うの?

 もともとアメリカでは、コーヒーといえば
浅煎りのコーヒーのこと。

あまり濃くないコーヒーを、
たっぷり飲んでいたんですね。

そのコーヒーが日本に伝わって
アメリカンコーヒーと名づけられたんですって。

american3

 
 アメリカ人は、薄いコーヒーが好きなの?

 今は、スタバなどのシアトル系のカフェが
全米にあって、濃いコーヒーを好む人もたくさんいます!

 
浅煎りのコーヒーが一般的だったのには、
歴史的な理由があるんですって!

 

アメリカの開拓時代のお話です。

  1. 浅煎りの方が、保存に適している。

    当時のアメリカで、コーヒー豆を運搬する
    手段と言えば列車

    東部から西部まで運ぶには、
    かなりの時間が必要でした。

    そのため、長期保存できる状態が必要だったのですね。

  2. 浅煎りの豆の方が重い。

    コーヒー豆って、量り売りしますよね。

    豆は深く煎るほど、水分が抜けて軽くなっていきます。

    浅く煎って、重さのある方が、
    儲けが大きいというワケです^^

 
ちなみに、東部では深煎りの豆
流通していたそうですよ!

 
 スタバやマックの「アメリカーノ」と同じ?

 違います^^
アメリカーノは、エスプレッソにお湯を足して
薄めたもの。

豆の焙煎 カフェイン量
アメリカン 浅煎り 多い 苦みが少なく、酸味が強い
アメリカーノ 深煎り 少ない 苦みも酸味も弱め

 
ぜんぜん、違うんですよね~Σ(・ω・ノ)ノ!

 
もともとアメリカーノは、オーストラリアや
ニュージーランドのカフェのメニューで、
アメリカにはなかったそうですよ。

アメリカのコーヒーは薄い!っていうところから
名前が付いたんでしょうか??

普通のコーヒーを薄めてアメリカンと言っているのと
似ていて、興味深いですよね (*^▽^*)

スポンサーリンク



 
 ブレンドコーヒーとの違いは?

 アメリカンは、豆の煎り方の違いでしたけど、
ブレンドコーヒーは、豆の種類のことです。

 

モカやキリマンジャロなどの豆が有名ですけど、
そういった単一の品種(産地も!)の
豆で入れたコーヒーをストレートと言います。

一方、複数の種類の豆を混ぜたもの
ブレンドと言うのです^^

どんな豆がブレンドされているのかは、
店や商品によってさまざまです。

 
喫茶店で出されるものは、
苦みと酸味のバランスが取れたコーヒーを
楽しみたい人向けに、

多くの人に受け入れられる味を目指した
コーヒー、といったところでしょうか(^_-)-☆

こういった苦みのあるコーヒーが苦手な人向けに、
用意されているのがアメリカンですね。

american

 
アメリカンについて、いろいろ見てきましたけど、
これで疑問も解けましたね~

そろそろ、コーヒーが飲みたくなってきたんじゃ
ないでしょうか?

 

苦みの少ない、飲みやすいコーヒーが好みなら、
アメリカンコーヒーは、気になるところですよね^^

 
最後に、アメリカンコーヒーの
おいしい入れ方も見ておきましょう!

 

おいしいアメリカンコーヒーの入れ方

まずは、こちらを見てみてくださいね(^^♪

 

 
もうわかりましたか?

簡単にポイントを見ていきますね^^

 
 コーヒー豆を選ぶ
香りがあって、酸味がきれいに出る豆
適していますよ。

もちろん、浅煎りで!

 
↓このように、アメリカンコーヒー用にブレンドして、
浅めに焙煎された豆から
試してみるのがおススメです。

 
豆の焙煎ができたら、豆を挽いて、
粉の状態にするわけですけど、

アメリカンには、少し粗めの挽き方がおススメです。

香りと軽さが引き立ちます。

 
 コーヒーを入れる
開拓時代のアメリカでは、
パーコレーターを使って入れるのが
一般的だったようですが、

今回は、ペーパーフィルターを使って!

 

【ポイント】

  • 蒸らさない
  • 早めにお湯を注ぐ
  • お湯の温度は90~95度

 
さあ、これでおいしいアメリカンコーヒーの完成です。

あとは、微調整を加えて
好みの味を見つけてみてくださいね~(^^♪

スポンサーリンク

コメントを残す