パンが膨らまない!?原因はいったい何?対策は?

ホームベーカリーでパンを焼いて、
できた♪

・・・と思ったら、膨らんでない~(゚◇゚)~

そんなことはありませんか?

スポンサーリンク



 
とってもショックですよね~

ドライイーストを入れ忘れた!
なんてときは、当然なんですけど、

レシピ通りに材料は入れたのに、どうして?
というときもあります。

 
今回は、ホームベーカリーでパンを焼く場合の
パンが膨らまない原因について
まとめてみましたよ。

ホームベーカリーを使い始めて数年、
今は、週に4回はパンを焼いている私の経験もふまえて、
徹底的に調べてみましたので
きっと問題が解決することと思います^^

 

パンが膨らまない原因は?

まずは、考えられる原因から。

 

  • イーストが入っていない
  • イーストが古い
  • 小麦粉が古い
  • 発酵温度が高すぎる
  • 発酵温度が低すぎる
  • 発酵時間が足りない
  • こねが足りない
  • ホームベーカリーの機械が原因

 
1つずつ見ていきましょう!

 

イーストが入っていない

イーストは、パンを膨らますためのもの。

これが入っていなければ
膨らまないのは当然ですよね~(;´∀`)

 
この場合は、いつもより膨らみが悪い・・・
というレベルではなく、
パンは小さくて、かなり固くなります。

 
私も2、3回、こんな失敗をしちゃいました。
bread
パン、1斤分の材料、
捨てるのはもったいないので、
薄~くスライスしてから
トーストして食べましたけどね(+_+)

ビスコッティのような、カリカリの食感。

 
ラスクのように砂糖をまぶすのも
よかったですよ。

かなり固いので、わざわざ作りたいものでは
ないですけど・・・(@_@)

 

イーストが古い

イーストとは、酵母菌の一種の微生物。

古くなったり、保存状態が悪かったりで
菌が死んでしまうと、
パンは膨らみません。

 
賞味期限が切れてしまっているもの、
開封して日がたっているものなどを使った場合は、
それが膨らまない原因かもしれませんよ!

 
賞味期限は切れていないけど
開封して置いてあったイーストがあるんだけど・・・
使っても大丈夫かなぁ~(;´・ω・)

 
 イーストが使えるかどうか??のチェック方法は、こちら。

  1. イーストと少量の砂糖を2~3倍量のぬるま湯に入れる。
  2. しばらく置いておく。
  3. プクプク泡が出てくる。
     ⇒泡が出てくれば、イーストが生きている証拠♪

 
そして・・・

 品質を保つための、イーストの保存方法は、コレ!!

イーストの活動が停止するのは、5度以下。
保存するときは、冷蔵庫に入れましょう(^^♪

しばらく使わない場合や、
量が多い場合は、冷凍庫に保管すると
長持ちしますよ。

 

小麦粉が古い

お米なら新米がおいしいのと同じように、
小麦粉も挽きたては、風味が違います。

 
賞味期限が少し過ぎていても
保存状態が良ければ
使用には問題ない場合もありますけど、

古くなると、小麦粉に含まれる
グルテンの働きが鈍くなることもあるので、

パンに使ったときには、膨らみが
悪くなることも・・・

 
 使った小麦粉が古いかもしれない!
   という場合の対策はコレ!

  • 新しい強力粉や食パンミックスを使ってみる
  • 強力粉のメーカーや銘柄を変えてみる

 
でも、私の場合、
すごく安~い強力粉を買ってみたら
膨らみが悪かったことがあります。

買ってすぐに使ったんですけど、
質が悪かったのか、
お店の保存状態が悪かったのか・・・(*_*)

 
また、国産の強力粉のように
タンパク質(グルテン)の含有量が少ないものだと
膨らみにくくなります。

 
強力粉だと、タンパク質の含有量は11.5~13.5%。
(ちなみに、薄力粉は、7.0~8.5%)

数字にすると、差は大きくないんですけどね~

タンパク質量が記載されている場合は、
確認してみるのもいいかもしれません^^

スポンサーリンク



 

発酵温度が高すぎる

ホームベーカリーなら、発酵温度は
調節されているはず・・・

なんですけど、
やっぱり外気の温度は影響してきます。

 
暑くなってきた時期なら
発酵温度が高すぎる可能性もあるんですよね。

・・・というか、材料やレシピに問題がなければ、
発酵温度に問題がある可能性は大!!です。

 

 そんなときの対策は、こちら!

ホームベーカリー内の温度を下げる!!

やり方は・・・

  • 使う水を冷水にする
  • 小麦粉を冷蔵庫に入れて冷やす
  • こねの工程の時にしばらく
    ホームベーカリーのふたを開けておく

 
まずは、使う水や牛乳をしっかり冷やして
試してみてくださいね。

 
その様子を見て、
やっぱり温度が高すぎた見たい!
でももう少し低い方がよさそう!
という場合は、

粉やふたで調整してみましょう。

 
bread3
ちなみに、食パンなら
こねが終了して1次発酵前の生地の温度は
27~28度が最適なので、

このタイミングで生地の温度を測ってみる
より確実ですよ(^^♪

 

発酵温度が低すぎる

次は、寒い時期に起こりがちなことです。

 発酵温度が低い場合の対策は、コレ!

  • 使う水を温める
  • ホームベーカリーの内釜をお湯で温める

 
それと、バターなどの油脂類は、
最初から入れずに、スタートして5~10分後
入れてくださいね!

最初に入れてしまうと、
グルテンの形成を阻害してしまいます。

 

発酵時間が足りない

bread2特に冬場ですけど、
発酵温度が低かったり、
生地の温度が低かったりすると

発酵に時間がかかってしまいます。

 
ホームベーカリーなんだから
そこはうまく調整してよ!!

・・・って思うんですけど~Σ(・ω・ノ)ノ!

 
もちろん、そんな微調整は
してくれません。

 
 発酵が足りないかな?という場合は、こちら!

  • 発酵時間を長めに設定する
    (発酵時間が調整できる場合)
  • 発酵時間が長めのコースを選択する
    (例えば、全粒粉コースなど)

 
でも、発酵しすぎると、アルコール臭のする
食感の悪いパンになってしまいますので
様子を見て、調整してくださいね^^

 

こねが足りない

ホームベーカリーの場合、
こねが足りない、というのは
機械の故障とも考えられますけど・・・

 
こねが足りないと、グルテンが形成されず
生地の粘りがでません。

膨らまなかったり、
少し膨らんでも横に流れてしまうことも。

 
 しっかりこねるための、対策はコレ!

  • 時間設定できる場合は、
    こね時間を長めに設定する
  • できない場合は、10~15分こねたあと
    リセットして再スタートする。

 
しっかりと、適度にこねられた生地は
キメが細かく、ふんわりしたパンに焼きあがりますよ^^

 

ホームベーカリーの機械が原因

最後は、機械が原因の場合です。

羽をセットし忘れた!
内釜が本体にきちんとセットされていなかった!

・・・など、明らかなミス以外の
機械の故障は、残念ながら
どうしようもないですよね~(;´∀`)

 
電源が入らなかったり、
ヒーターがつかなかったりすれば
一目瞭然ですけど、

羽の回転が悪くなっている場合などは
気づきにくい可能性もありますよ^^;

 

最後に・・・

毎回同じように作っているつもりでも、
気温や湿度、材料の微妙な増減
できあがるパンの表情は、変わってきます。

 
面倒だなぁ~なんて思うこともありますけど、
おいしいパンが作れると
嬉しいですよね~(^^♪

パン屋さんに負けない、おいしいパンを
ぜひ作ってくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す