グラノーラの栄養バランスは?食物繊維やミネラルが豊富?

みなさん、朝ごはんは何を食べますか?

ご飯とお味噌汁?
それとも、トーストとコーヒー?

 
私の定番は、グラノーラ+ヨーグルト!
おいしいんですよね~

 
グラノーラとは・・・
オーツ麦などの穀物を、砂糖やハチミツなどで
味付けして、オーブンで焼いたもの。

ドライフルーツやナッツ類をたっぷり入れた
フルーツグラノーラが一般的で、
最近は、知名度も高いですよね??

 
このグラノーラ、栄養価が高くて
朝食にピッタリだって、よく言われるんですけど、

どれほど栄養価が高くて、バランスがいいか、
どんな効果があるか・・・

詳しく調べてみました!

ぜひ、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク



 

穀物の中でも栄養価の高いオーツ麦!

グラノーラの主な原料は、「オーツ麦」
別名「燕麦(エンバク)」とも言います。

オートミールやグラノーラの場合は、
加熱してローラーで押しつぶして
加工されたもの。

 
このオーツ麦、実は穀物の中でも
トップクラスの実力の持ち主です!!!

あっ、栄養価が高いってことですね~

 

白米と比べると、

  • 食物繊維 約22倍
  • 鉄分  約5倍
  • カルシウム 約9倍

玄米と比べても、

  • 食物繊維 約3.5倍
  • 鉄分  約2倍
  • カルシウム 約5倍

 
なんだか、体にいいような気が!
ちょっと、1つずつ見ていきましょうね。

 

食物繊維

「不溶性」と「水溶性」の2種類がある食物繊維。
オーツ麦は、2:1の割合で、バランスよく含んでいます。

 
不溶性のものは、便秘の改善に効果的なことが
よく知られていますけど、

オーツ麦の効果で、注目されているのは
「βグルカン」という水溶性のもの。

 
研究の結果、コレステロールを吸収する働き
食後の血糖値が、急激に上がるのをおさえる働き
確認されているそうですよ。

 

鉄分

特に、女性はしっかり取りたいと言われる栄養素が
鉄分ですよね。

体の中では、血液中に多く存在し
酸素を全身に運ぶ大切な働きをしています。

 
私は、妊娠中に鉄分が不足ぎみで、
貧血だと言われたことがありますけど、

ひどくなると、頭痛や動悸、息切れといった
症状が出ることもあります。

 
オーツ麦の中には、レバーやほうれん草に近い量の
鉄分が含まれています。

好みの差はありますけど・・・
毎日食べ続けることを考えると
オーツ麦は、優秀じゃないかな?と思います。

 

カルシウム

成人男性では、体内にあるカルシウムの量は
およそ1㎏ほど。
eiyou
その99%は、骨と歯。

だから、足りなくなれば、成長に影響が出たり、
骨粗しょう症になったり・・・

 
確かにそうなんですけど、
実は、血液や体液、筋肉の中などにある
残り1%が、けっこう重要な役割をしているんです。

出血を止めるとき、筋肉を収縮させるときに
使われるほか、生命維持にかかわる
働きをしているそうです。

 
カルシウムといえば、牛乳や小魚のイメージですが、
グラノーラ+牛乳や、
グラノーラ+ヨーグルトと、
オーツ麦をプラスしてみるのも、いいかもしれませんよ。

 

他にもいろいろ、うれしい栄養素!

オーツ麦に一番多く含まれるのは炭水化物、
次いでタンパク質、脂質ですね^^

体のエネルギー源として、
筋肉や皮膚、毛髪、内臓などの組織を作る材料として
大切な役割を持つ栄養素たちです。

 
骨の強化を助けるマグネシウムや
糖質のエネルギー代謝を助けるビタミンB1をはじめ、
ビタミン類やミネラル類も、バランスよく含んでいます。

 
オーツ麦は全粒穀物なので、これだけでも
バランスの取れた食品なんですけど、

グラノーラとしては、ドライフルーツやナッツ類
組み合わせて食べることが多いですよね。

 
次は、ドライフルーツの栄養について、見てみますよ!

スポンサーリンク



凝縮された!ドライフルーツの栄養

ドライフルーツとは、フルーツを乾燥させたもの。

レーズンが最も有名ですが、
最近は、スーパーでもいろいろなドライフルーツが
売られています。

プルーン、アプリコット、イチジク、リンゴ、
マンゴー、キウイなど・・・

 
水分が少ないので、保存性が高いのが特徴で、
成分が凝縮されて、ミネラルやポリフェノール、
食物繊維などが豊富です。

 
レーズンやプルーンなど、皮ごと乾燥させたものには
抗酸化物質も多く含まれます。

また、水分を飛ばしたドライフルーツは
体を温める作用もあるそうです。

 
ただし、糖分も凝縮されているので、たくさん食べれば
摂取カロリーも高くなりますよ~Σ(゚Д゚|||)

 
さぁ、最後はナッツ類について見てみましょう!

 

ナッツ類も栄養たっぷり!

くるみ、アーモンド、松の実、ピスタチオ、
ヘーゼルナッツ、カシューナッツ、クリ、ぎんなん・・・

 
ビタミン類やミネラル類、食物繊維
豊富に含んでいるナッツ類。

その中でも注目されるのが、
抗酸化作用があるといわれるビタミンE。

このビタミンEは、脂溶性。
ナッツに含まれる脂質の中に溶け込んで
たっぷり含まれているんですね。

 
脂質といえば、ナッツ類をを食べすぎると
太る!とか、ニキビができる!とか・・・
言いませんか?

 
確かに、ナッツといえば、半分以上が油!
というくらい脂質が多く、カロリーが高い食品。

でも、ナッツ類に含まれるのは
オレイン酸やリノール酸、
オメガ3脂肪酸などの不飽和脂肪酸。

良質な植物性の油なんですよ。

 
脂質には、体のエネルギー源としての働きや
体温を一定に保つ効果、脂溶性のビタミン(AやEなど)の
吸収を助ける効果があるのに加えて、

不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを
抑制
する働きがあるそうです。

 
もちろん、いくら良いものでも食べすぎは
ダメですけどね~^^

 

まとめ

ドライフルーツやナッツ類を入れたグラノーラ、
食物繊維やビタミン、ミネラルが
たっぷりとれそうですね(^^♪

 
「このカリカリ(←グラノーラのこと)固いからイヤだ~」
なんて、うちの息子は、言ってましたけど、
しっかり噛みごたえがあって、アゴの発達にもよさそうです。

 
でも、市販のものは甘みも強くて
カロリーが高い
のも事実。

食べ過ぎには気をつけて、
栄養たっぷりの朝食で、1日元気に働いてくださいね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す