お正月の子どもの遊び!家族で楽しめる日本の伝統

お正月の伝統的な遊びといえば、
凧あげ、羽根つき、こま回しなどが思い浮かびます。

でも・・・お正月にやりますか?

最近は、こんな昔ながらの遊びをする機会は
少ないですよね。

子どもも大人も、みんなで楽しむなら、
wiiがいいんじゃない!?
なんて。

 
だけど、子どもたちが大きくなって
凧あげ?こま回し?
やったことない!!っていうのは
寂しくないですか。

昔ながらのお正月の遊び
これ意外と盛り上がりそうなんですよ。

今年のお正月は、家族そろってやってみませんか。

スポンサーリンク



家族で楽しむお正月の遊び

凧あげ
凧あげ、うまく凧があがったら
ぜったい楽しいですよ~

 
でも、凧あげ禁止のところは多いです。
電線があるところでは、無理ですし。

凧あげに挑戦してみよう!という場合には、
できる場所を、探しておいてくださいね。

 
さあ、その凧ですが、これは中国から伝わったようですよ。

昔から、中国や韓国では、占いや宗教、
戦いの道具などに凧が使われていたんですって。

 
日本で、凧あげがお正月の遊びとなったのは
江戸時代後期と言われています。

新年の遊びとして、大人から子どもまで、
身分の差に関係なく、全国で親しまれていました。

けれど、明治時代に入ると、電線や建物にさえぎられて
自由に凧をあげることが難しくなり、徐々に衰退。。。

 
現在は、全国規模の大会などの盛り上がりもありますが、
のびのびと遊べる場所が少ないのが現状です。

ちょっと寂しいですね~

 
羽根つきhane
「羽子板」と呼ばれるラケットで
はねをつく遊びですね。

新春の厄除けの遊びとして
女の子に親しまれています。

 
負けたら、バツとして、顔に墨を塗っていくんです。

今じゃ、墨と筆を用意するのも、手間ですけどね~

 
これも、中国から来た遊びですって。

羽根を蹴り合う遊びがあって、これが室町時代に
日本に伝来したそうですよ。

 
日本で羽根つきが盛んになったのは、江戸時代。
厄除けとして、年末になると羽子板を贈ったんです。

 
羽根のとぶ様子が、トンボに似ていることから
子供の病気の原因となる蚊に刺されないように
蚊の天敵であるトンボに見立てた「お守り」とも言われています。

現在でも、女の子の出産祝いとして、羽子板を贈る習慣が
残っているところもありますね。

 
また、羽子板は、押絵で装飾された観賞用のものもあって、
商売繁盛の縁起物として店に飾られます。

 
こま回しkoma
奈良時代に唐から高麗(こま)を経て、日本に
伝来したので、「こま」という名前が
ついているのがこの遊び。

上手にまわせますか?

こま回しは、家の中でもできるので、小さいころにやった
という人も多いんじゃないでしょうか。

小学生のときに、ベエごまが流行ったなんて人も。

 
指で回すものや、ヒモを巻きつけて
回すものがありますが、

軸を通したデアボロ、軸のないベエごま
2種類に分けられます。

 
遊び方も、回転の美しさを楽しむもの、
こま同士をぶつけ合って勝負するもの、
曲芸的な技を楽しむもの、
などがあります。

 
お正月に、こま回しをしよう!という人は、
事前にちょっと練習しておいた方がよくないですか?

もちろん、子どもたちには秘密で!!

スポンサーリンク



福笑い
福笑いは、顔の輪郭だけを描いた紙の上に
目隠しをされた人が、
切り抜いた眉、目、鼻、口などを並べていく遊びです。

目隠しをされているので
おもしろい顔ができあがりますよね。

どんな顔ができるか、ドキドキしますね~

 
福笑いの起源は、よく分からないそうですが
江戸時代後期から遊ばれ始め、

明治時代には、お正月の遊びとして
定着していたんですよ。

 
「笑う門には福来る」
縁起がとってもいいので
お正月にふさわしい遊びになったようです。

お正月から、大笑いできるなら
それもまた幸先がいいですよね。

 
双六(すごろく)

現在、一般的に双六と呼ばれるのは
もともと「絵双六」と言って、

サイコロを振って、出た目の数だけコマを進め
ゴールを目指す遊びです。

 
双六はゲーム終了まで時間がかかり
運次第で勝者になれ、勝敗が分かりやすいことから
昔は、賭博の対象でした。

そうなると、完全に大人の遊びですね~

 
もちろん、現在は、賭博性は薄れ、子どもから大人まで
誰でも楽しめる遊びですよ。

「人生ゲーム」なんかは、現代版の双六と言えそうですね。

 
サイコロをふってコマを進めるだけのシンプルなルールで
何人でも参加できるので、お正月の団欒には
ぴったりです。

 
かるた(いろはかるた・百人一首)karuta
読み札と絵札を使ったカードゲームで
百人一首を用いた「百人一首かるた」
いろは歌を用いた「いろはかるた」があります。

 
かるたは最低3人いないとできませんし
文字が読める必要もあります。

小学生くらいになると、楽しめますが
小さい子がいる場合は、みんなでやるのは
ちょっと難しいですよね。

 
人数が足りない場合や、まだ文字が読めない
子どもの場合は、百人一首の絵札の山をめくっていく
坊主めくりを楽しむのもいいでしょう。

 
だるま落とし

だるま落としは、上のだるまが最後まで落ちないように
下に積み重ねた段を小槌でたたいていくゲームです。

だるま落としの歴史は、定かではありませんが
だるま自体は禅宗の祖、達磨大師を
モチーフにしています。

 
だるま自体は、転んでも起き上がる
お正月にふさわしい縁起物なんですね。

 

いかがでしたか。
意外にも!?お正月に、みんなでやれば
盛り上がりそうですね♪

↑↑ほかにも、日本のおもちゃが紹介されています。

  どれも、楽しめそうですが、お子様の年齢や家族構成に
  あったものを探してみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す