マヌカハニーの効果効能!子供にも大丈夫?

強力な殺菌作用をはじめ、うれしい効果が
いっぱいのハチミツ。

その中でも、マヌカハニーは、オーストラリアや
ニュージーランドでは、医薬品として扱われるほどの
効果や効能があるのを知っていますか?

 
そういえば!
ニュージーランドではお土産屋さんにも
マヌカハニーが並んでいたし、

人からもらって、家で使っていたこともあります。

 
ちょっとミントを思わせるような、清涼感!?が、
私は、あまり好きではなかったけれど
息子は、おいしそうに食べていた記憶が・・・

 
すっかり忘れていたマヌカハニーの存在ですが、
息子がやけどをしてしまって、思い出したんです。

確か、効果があったような・・・

それに、のどが痛いときや、風邪の引きはじめにも
よかったような・・・

 
できるだけ子どもたちに、薬は飲ませたくないな~
思っているなら、常備しておけば役に立つんじゃないの!?

と思い、さっそくマヌカハニーについて徹底調査。

 
それでは、このハチミツにどんな効果があるのか
一緒に見ていきましょう (^^♪

スポンサーリンク



マヌカハニーとは?

そもそも、マヌカハニーとは、
「マヌカ」の花の蜜から作られるハチミツのこと。

 
「マヌカ」というのは、ニュージーランドの原住民族である
マオリ族の言葉で、英語ではティーツリー。

ニュージーランドとオーストラリアの一部に自生する木です。

マオリ族は、古くから樹液や葉を薬として
使ってきたそうですよ。

 

ハチミツには、過酸化水素という殺菌成分が含まれていて
薬用につかわれてきた歴史は長いんですけど、

マヌカハニーには、過酸化水素のほかに
より殺菌性の高い食品メチルグリオキサール
含まれているんです。

 
この成分が、マヌカハニーの効果の秘密なんですね!

では、実際にどんな効果があるのでしょう。

 

マヌカハニーの効能

マヌカハニーには、うれしい効果や
ビックリするような効能がいっぱいなんですよ。

1つずつ見ていきましょう!

 
【ピロリ菌、大腸菌、などの胃腸疾患の改善】
殺菌力については、ピロリ菌にまで効く!ということで
話題になっているのがマヌカハニーです。

 
ピロリ菌はなんと、日本人のおよそ半数が持っている!
50代以上の約80%が感染している!と言われている細菌です。

強い胃酸にさらされながら、胃の中で生きていくことができ、
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの原因の1つとも
言われているんですね。

 
一般的には、専用の薬や抗生物質を使う必要のある菌を
ハチミツでやっつけられるなんて、驚きです (@@)

本当なら、胃潰瘍や胃がんを予防することにも
なるわけですよね。

しかも、副作用はない!?

 
ピロリ菌以外にも、大腸菌、腸球菌、
黄色ブドウ球菌などの腸内細菌に効果的だそうです。

そして、悪玉菌を殺菌する一方、乳酸菌などの善玉菌の
活動は活発化
させる働きがあるそうです。

 
【虫歯、口内炎、歯周病の防止】
甘~いハチミツなんだから、虫歯の原因になるのでは??
と思いますよね。

ところが意外にも、虫歯菌などの細菌の抑制にも
効果的
なんだそうですよ。

 
ハチミツに含まれる糖分は、砂糖とは異なり
虫歯の原因にはなりにくいそうです。

口の中の雑菌を抑制するので、口内炎や歯周病にも
効果的です。

 
【喉の痛み、風邪の予防】
ハチミツは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含む
栄養価の高い食材です。

風邪を引いてしまった後でも、風邪の治りを
助けてくれそうです。

 
そして、マヌカハニーは炎症を和らげる効果が
とても高いので、のどの痛みにもピッタリです。

 
特におススメなのは、薬の服用を避けたい
妊娠中や授乳中です ^^

スポンサーリンク



【整腸作用】
マヌカハニーは、他のハチミツよりも
グルコン酸という物質がたくさん含まれています。

このグルコン酸は、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌を
増やす
そうです。

なので、マヌカハニーを毎日摂取すると善玉菌が増え
腸内環境が整ってくるのです。

 
便秘や下痢に効果がありそうですね。

 
さらに、腸内環境が良くなると、免疫力も向上するし
腸と関係があると言われるアレルギーの改善
つながる可能性も!!

花粉症やアトピーが改善されたという報告も
あるそうですよ。

 
【コレステロール値の低下】
腸内の善玉菌は、胆汁酸という物質を取り込みます。

この「胆汁酸」は、肝臓でコレステロールから
作られる物質です。

 
そう!
つまり、善玉菌が多いほど、コレステロールが
消費されるわけですね。

 
マヌカハニーを食べる
 ↓  ↓
善玉菌が増える
 ↓  ↓
胆汁酸(コレステロール)がたくさん取り込まれる
 ↓  ↓
コレステロール値が下がる!

 
動脈硬化など・・・の予防になるかも!?

 
【切り傷、やけどの治癒、炎症を和らげる】
やけどにハチミツを塗ることは、昔から民間医療として
行われてきました。

最近の研究でも、マヌカハニーはやけどや外傷で
感染する可能性のある、緑膿菌の殺菌に効果があることが
わかったそうです。

傷口に塗れば、傷の治りを早める効果があります。

ニュージーランドでは、マヌカハニー入りの軟膏も
たくさん売られていて、人気だそうですよ。

 
【疲労回復】
ハチミツに含まれる糖分は、ブドウ糖と果糖。

これらの糖は、短時間で体に吸収される性質を持っています。
だから、すぐにエネルギーになってくれるんですね。

運動などで疲れた後の疲労回復には
ピッタリの食品なんですよ。

 
※ただし、ハチミツは、1歳未満の乳児には食べさせないでください。
 ボツリヌス症を発症する危険性があります。

 
以上、さまざまな効果を見てきましたけど、

「マヌカハニー」と書いてあれば、どれでも
効果は同じ・・・というわけではないようです。

こちらにもう少し詳しく書きましたので、よかったらどうぞ♪
 >>マヌカハニーの驚きの5つの効果とは?

 

マヌカハニーの効能や効果の目安はUMFやMGO

市販のマヌカハニーには「UMF10+」や「MGO100+」などの
表示があるものが一般的です。

この数値は、大きいほど高い抗菌効果を示します。

 

「UMF」とは、マヌカハニー1㎏あたりに含まれる
抗菌効果を、代表的な抗菌溶液である
フェノールの濃度に換算して数値化したもの。

例えば「UMF10+」なら、フェノール溶液10%と同じくらいの
効果があることを表しています。

 

「MGO」とは、マヌカハニー1㎏あたりに
含まれる抗菌物質、食品メチルグリオキサールの含有量を
数値にしたもの。

例えば「MGO100+」なら、1㎏あたり400㎎の抗菌物質が
入っていることを表します。

 

「UMF10+」「MGO100+」(効果アリ)
「UMF25+」「MGO500+」(非常に高い効果アリ)

数値が高くなるほど、効果は上がるのですが
同時に、お値段も上がっていきます。

 
毎日の健康のために!
風邪の予防に!
という場合は、「UMF5+」「UMF10+」で十分だとも言います。

「UMF5+」のマヌカハニーが、こちら。
「UMF20+」になると、お値段は2倍以上!!

 

最後に・・・

いかがでしたか?

子どものためにも、よさそうですね~
我が家にも、さっそく1つ常備したいと思います。

 
でも、1歳未満のお子様には、食べさせてはダメですよ!
そこだけは気を付けてくださいね。

 
ちなみに、食べ方は、空腹時が1番効果的と言われています。

1日に1~2回、スプーンに1杯、そのまま、または
ヨーグルトにかけるなど、生のままがいいそうです。

 
でももちろん、普通のハチミツと同じように使ってもOKです。

パンやホットケーキに塗って食べてもよし、
紅茶に入れたり、
お菓子作りや料理に入れて食べてもよし!

 
おいしく食べて、続けられるといいですね♪

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す